1st anniversaryIZU CRAILES 2016 SUMMER DEBUT

「食べて、飲んで、
おしゃべりして過ごす。
大人のリゾート列車。」

復路はまだお席がございます! 復路のメニューはこちら

復路はまだお席がございます! 復路のメニューはこちら

伊豆クレイルという旅の楽しみ方

伊豆クレイルとは
詳しくはこちらをクリック

WHAT'S IZU CRAILE

「IZU CRAILE(伊豆クレイル)」のコンセプトは、
伊豆の景色を眺めながら「食」と「お酒」、「会話」を楽しむリゾート列車。

エクステリアデザインは桜や海風、さざ波といった、
伊豆ゆかりのモチーフをピンクゴールドのラインで表現し、
インテリアデザインは和モダンをベースに、伊豆の豊かな自然を感じる
心地よい空間を演出しています。
全席グリーン車指定席のゆったりとした車内、大きな窓に面した座席、
お酒や、伊豆の地産品を揃えた「のもの」商品を販売する
バーカウンター&ラウンジなど、
エレガントな大人の列車旅をお楽しみいただけます。

あえて'ゆっくり行く'リゾート列車で、記憶に残る旅を、あなたへ。

IZU CRAILE

NAMING

Cresciuto】
クレッシュート(伊語)
大人、成長した

【Train】
トレイン

ile
イル(接尾辞)~に適した

それぞれの単語を組み合わせた造語で、

「大人に適した列車」の意味をもたせています。

C(クール)+RAIL(レール)
+E(エレガント)」

の表記とし、景色と食、お酒を楽しむクールでエレガントな
大人のリゾート列車で、伊豆に来て欲しい
(来てくれ~る)というメッセージを込めました。

伊豆クレイルという旅の楽しみ方

伊豆クレイル
車内デザインについて

詳しくはこちらをクリック

WHAT'S IZU CRAILE

和モダンをベースに、伊豆の豊かな自然を感じる心地よい空間をデザインしました。

EXTERIOR

伊豆ゆかりの「桜」「海風」「さざ波」をピンクゴールドのラインで描いています。651系特急型車両が、新しいリゾート列車として柔らかく女性らしい印象に生まれ変わりました。

INTERIOR

通路のカーペットは、桜の花びらが川面を流れる様子をイメージしたデザイン。天井には、朝日に照らされた竹林が織り成す影をイメージしたデザインを施しています。

car number 1

海側に面したカウンターの2人掛席と、山側に面した対面式の席は、木製の肘掛も優しい印象。広々とスペースを確保した車両となっています。山側の席は少しだけ床面を高くしているため、すべての座席から海の景色をお楽しみいただけます。

car number 2

ラウンジには、伊豆の見どころなどを紹介する大型のディスプレイを設置。真鍮の照明がさりげなくマリンテイストを演出するなど、洗練された大人な空間となっています。併設のバーカウンターではお酒やおつまみ等を販売いたします。

car number 3

全室が海側に面した3号車は、西伊豆の夕陽をイメージしたオレンジ色の座席が印象的。グループ旅行を楽しく盛り上げてくれます。車いすスペースを確保したコンパートメント席も1室ご用意しました。

car number 4

きっぷで乗車ができ気軽に楽しめる4号車は、伊豆の海と山をイメージした青色と緑色のシートが鮮やか。1人旅からグループ旅行まで、幅広くご利用いただけます。※食事は付きません。2号車のバーカウンターはご利用いただけます。


※1・2・3号車へはペットの同伴はできません。※身体障害者補助犬(盲導犬・介助犬および聴導犬)は同伴可能です。

地産品ショップ「のもの」

伊豆の伝統調味料や加工品等を取り扱う、伊豆にちなんだ「のもの」。2号車のバーカウンターにてオリジナル商品もご用意しておりますので、伊豆クレイルの乗車記念にぜひお買い求めください。

※「のもの」とは東日本の各地域の食を中心に、地域の魅力を紹介する地産品ショップです。

旅を彩る「BGM」

各車両にBose社の音響設備を導入。低域から高域までバランスの取れた高音質なBGMが耳に心地よく響きます。

小田原駅「伊豆クレイル専用ラウンジ」

小田原駅改札内のコンコースに、「伊豆クレイル」へご乗車の方専用でご利用いただけるラウンジをご用意しております。小田原産の木材をふんだんに使用した休憩スペースで、旅の始まりのひとときをゆっくりとお過ごしください。

●利用可能日/「伊豆クレイル」運転日
●利用可能時間/10:30~11:30
(「伊豆クレイル」小田原駅出発時刻の10分前まで)

車内イベント

ラウンジでは車内イベントを開催。ボサノヴァをはじめ、邦楽や洋楽などのライブを日替わりでお楽しみいただけます。

伊豆クレイルという旅の楽しみ方

伊豆クレイル車内でのご提供料理

春メニューはこちらをクリック
[4~6月]

IZU CREAILE CUISINE

車内の料理を監修するのは、人気のフレンチレストラン「モルソー」の秋元さくらオーナーシェフ。
「美しく・楽しく・親しみやすく」をモットーに、伊豆の食材を使った四季折々のメニューを開発します。

びゅう旅行商品をご利用のお客さまだけに、特別にご用意した料理です。

  • ※1号車・3号車はびゅう旅行商品のみでご利用いただけます(座席のみのご利用はできません)。
  • ※お子様向けの料理はございません。
  • ※画像はすべてイメージです。
  • ※メニューは一例であり予告なく変更になる場合があります。
  • ※アルコール類は、未成年のお客さまにはご提供いたしません。また、ご利用当日、車内で身分証明書等により年齢確認をさせていただく場合があります。
  • ※アレルギー対応など、個別のメニュー変更はいたしかねます。

3号車利用限定 ワイン飲み放題プラン [往路]下り区間のみ

料理監修
「秋元さくらオーナーシェフ」

「伊豆クレイル」のオリジナル料理をプロデュースするのは、女性に人気のフランス家庭料理レストラン東京・目黒「モルソー」の秋元さくらオーナーシェフ。
「美しく華やかな見た目で心が躍る、意外な組み合わせで驚きと楽しさがある、親しみやすく刺激的な味で嬉しさが続く、をモットーに自然豊かな伊豆の食材を使用したメニューを考えました。「伊豆クレイル」に乗って、素敵な風景とともにお楽しみください。」

1980年福井県生まれ。大学卒業後、大手航空会社に客室乗務員として勤務。
つくった料理を家族が喜んでくれたことが転機となり料理師学校に入学。
東京・新宿のモンドカフェで修業を積み、白金のオーギャマンドトキオの木下威征氏に師事したのち独立。
2009年、ソムリエである夫とともに目黒でフランス家庭料理レストラン「モルソー」をオープン。
やさしい味わいと心地よい配慮が評判を呼び、満席が続く人気店となる。
テレビ出演、雑誌掲載多数。

塩貝起志子プロデュース

東京ドームテーブルウェアフェスティバルプロデューサーの
塩貝起志子氏が小田原~伊豆の旅を彩る器をコーディネートしました。

夏メニューはこちらをクリック
[7~9月]

IZU CREAILE CUISINE

車内の料理を監修するのは、人気のフレンチレストラン「モルソー」の秋元さくらオーナーシェフ。
「美しく・楽しく・親しみやすく」をモットーに、伊豆の食材を使った四季折々のメニューを開発します。

びゅう旅行商品をご利用のお客さまだけに、特別にご用意した料理です。

  • ※1号車・3号車はびゅう旅行商品のみでご利用いただけます(座席のみのご利用はできません)。
  • ※お子様向けの料理はございません。
  • ※画像はすべてイメージです。
  • ※メニューは一例であり予告なく変更になる場合があります。
  • ※アルコール類は、未成年のお客さまにはご提供いたしません。また、ご利用当日、車内で身分証明書等により年齢確認をさせていただく場合があります。
  • ※アレルギー対応など、個別のメニュー変更はいたしかねます。

3号車利用限定 ワイン飲み放題プラン [往路]下り区間のみ

料理監修
「秋元さくらオーナーシェフ」

『伊豆クレイル』もおかげさまで2年目となりました。お料理は厳選した伊豆食材をメインに、調理はより一層こだわりをもってバラエティ豊かに考案してまいります。美しく華やかな見た目で心が躍り、また意外な組み合わせで驚きと楽しさがあふれ、なにより美味しくお召し上がりいただけますよう、その思いをお料理に込めました。伊豆の美しい風景とともにぜひお楽しみください。

1980年福井県生まれ。大学卒業後、大手航空会社に客室乗務員として勤務。
つくった料理を家族が喜んでくれたことが転機となり料理師学校に入学。
東京・新宿のモンドカフェで修業を積み、白金のオーギャマンドトキオの木下威征氏に師事したのち独立。
2009年、ソムリエである夫とともに目黒でフランス家庭料理レストラン「モルソー」をオープン。
やさしい味わいと心地よい配慮が評判を呼び、満席が続く人気店となる。
テレビ出演、雑誌掲載多数。

塩貝起志子プロデュース

東京ドームテーブルウェアフェスティバルプロデューサーの
塩貝起志子氏が小田原~伊豆の旅を彩る器をコーディネートしました。

伊豆クレイルという旅の楽しみ方

ご利用案内・旅行商品について
詳しくはこちらをクリック

■4号車ご利用のお客さま

※きっぷのみでの発売となり、びゅう旅行商品の設定はございません
(食事は付きません)。

  • ※2017年5月現在

1st anniversary

列車で行く伊豆・箱根・湯河原 温泉いっぱい花いっぱいトップページへ